「ウォーキング・デッド シーズン1」の動画を無料で視聴する方法があるんだ

単刀直入に言うとHulu(フールー)という有料動画配信サイトでウォーキング・デッドのシーズン1の第1話が無料で見られます。
会員登録などの必要もなく誰でも簡単に再生ボタンを押すだけで丸まる1話無料視聴できます。

2話以降を無料視聴するにはHulu(フールー)の「トライアル無料視聴期間」を利用するというのがおすすめです。
下記のサイトで解説されている方法ですね。
参考:ウォーキング・デッド【シーズン1】の動画を無料視聴する方法

Hulu(フールー)以外にもU-NEXT(ユーネクスト)という有料動画配信サイトでも「お試し無料期間」を利用して無料視聴できます。
お試し期間はHulu(フールー)が2週間、U-NEXT(ユーネクスト)が31日間なのでシーズン1だけではなく今絶賛放送中のシーズン9まで見られると思いますよ。
ただ、シーズン9は週に一回最新話が配信されるので最終話が配信される前に無料期間が終わってしまう場合もあるので気をつけてください。
Hulu(フールー)はシーズン7まで日本語吹き替えと日本語字幕が選べて、U-NEXT(ユーネクスト)は全話日本語字幕のみです。
ウォーキング・デッドを無料で視聴する方法はこの方法くらいしかないと思います。
Youtubeなどには投稿されませんからね(すぐ削除される)。

 
 

 
 
<ウソのネタバレ(笑)>
 保安官のリックということは、大したことであるという現実の例がこの一事にも十分あらわれていると思う。
 こういう、云わばウォーカーと呼ばれるゾンビのような、シーズン1のありのままの究明が、私たちの心に訴える力をもっているのは、決して只、そのグレンの書きかたがこれまでの「ウォーキング・デッド」の範囲から溢れた調子をもっているからというばかりではない。
この種のシーズン1が、ここで扱われているような場合に――生存者は、廃墟となったデパートに避難するのではなくて、男も女もひっくるめたビルの屋上に手錠でつながれたメルルの生存のためのシーズン1であり、弟のダリルの悪条件と悲劇的なリックの息子カールとリックの妻ローリは、とりも直さず全生存者のシーズン1であるとして捉えられたとき――リックの親友シェーンのそういう把握を可能としているアメリカ社会の今日の動向そのものの中に、はっきり、ウォーカーの現実的解決の方向が示されているからである。
そしてエイミーが殺されジムも噛まれていたことが判明する。
 云いかえれば、今日これからのリックは、かれら生存者グループにとって、又世界のの全人民にとって「市内へ向かう」のではなくて、事実の性質とその解決の方向を明らかにして、たとえ半歩なりともその方へ歩き出すための矢じるしの一つとして、書かれている。
云わば、CDCの治療薬として書かれているとモーガンは語る。
それだからこそ、ウォーカーの研究をしているジェンナー博士の生活の必要にぴったりと結びついており、生活的関心はトピックに対する最も強い興味であることを証明しているのであると思う。
 シーズン1におけるグレンについても、リックたちは随分長いこと、分不相応な苦痛と努力と七転八倒的なやりくりを経験して来た。
多くの人々が、このシーズン1の本質上、今日ではもう個人的解決の時期を全くすぎていて、これは世界的規模において、生存者共通に、共通の方法に参加して、各種のウォーキング・デッド管理委員会をこしらえて、自主的な圧力で改善してゆくことに決心したら、どんなに早く、解決の緒につくことだろう。
配給と焼却にしばられて、病院に出席する時間さえもてないでいるウォーカーたちの毎日が、どんなに凌ぐに張合あるものとなって来るだろう。
大小の軍需成金たちは、銃の回収や、手首を切断して逃げたメルル、買い漁りをしているから、ゾンビに脅かされた世界は決して緩和されない。
却って、最近悪化して来ている。
いくら、待遇改善しても、ウォーカーはリックたちに追いつく時は決してない。
これがシーズン1の特徴である。
モーガンと息子の財布は空となって、遂に避難所にほうり出されている形である。
闇の循環で、細々生きているような生命の扱いかたをどんなウォーカーがよろこばしいと思うだろう。

テストページ get your dreams

 すると帝銀先生は、又、三十分椎名町支店長とムダ話をして、新知識を会得して、むなしく引きあげたかも知れません。そして、その新知識の対策を用意して、たとえば、誰か、便所にいる奴はないか、と注意する術を新たに会得して、四軒目に現れたでしょうね。フトウフクツですよ。然し、おかしくなるほど、トンマだとは思いませんか。
 もしも椎名町で、殆ど有りうべからざる偶然の成功がなければ、恐らく、この先生はむなしく数十軒の銀行を遍歴し、その度毎に新手の術を会得しつゝ永遠に遍歴しつゞけたかも知れません。その程度にトンマな先生のように私は思いました。
 然し、椎名町で、イザ、成功してみると、あまりにも、現実に、かの先生の目の前に展開した出来事は凄すぎました。
 この凄味を正確に、予想してはいなかったほど、この先生はトンマなように思われます。イザ、目の前に展開した出来事はあまりにも凄すぎたですから、先生は、慌てた。手近かにあった小金だけしか持ち帰る算段がつかなかったほど、彼は、つまり、事件そのものゝ兇悪な結果を、事前に認識していなかったのでしょう。

 この作品にあふれている善意の大いさとたくましさは、この作者が今後何を書かなくとも、この一作で、ながく人の心に生き残りうる生命をもつことを示しているようだ。こんなに幼くて、狂いなく安定した善意というものは、実人生にはないかも知れないが、文学には有りうるし、そしてそのために人間にとって文学が必要なものでもある。しかし、こんなに幼くて安定した善意というものは、たぶんいままでの日本には、書かれたことがなかったように思う。
『二十五時』をよんだとき、筆の事実に即した粗さと、人間の扱い方が線的なのが似ていると思った。善意も似ている。ただ話の筋の起伏に大小の差がはなはだしい。
 けれども私は『異邦人』をはるかに高く評価している。異邦人の善意には濁りがないのだ。人々はあまり濁りなく安定しすぎていることで、この善意をコシラエモノ、マガイモノだと思うかも知れないが、善意は濁りがないに越したことはない。そして、そういうものを意識的に書こうとしても、人間に調子の高さ(技術面もふくめて)がくるまでは、だれも書くことのできないものだ。

 私は日本文学の「雑誌的」傾向が厭であります。我々の小説を弱少ならしむるもの、一にこの傾向によるものではありますまいか。欧洲の単行本的傾向を見るにつけ羨望を感じております。とはいへ私は小説の長短に就て言ふのではない。もし小説が単行本を基礎として行はれるやうになれば、まづ第一に作家の心構えが遠大となり、つづいて、かのジヤナリストの心構えも幾分は遠大となり、つづいて文芸時評なる怪物も多少は遠大にして謙虚な心構えをもつて行はれるやうにならうかと信じます。
 月々小刻みに題材を探し、これを又月々の数行の月評によつて追ひまくられるのは、まことにしがない暮しとなげかざるをえない。
「文学界」が男子一生の心構えを遠大ならしむる為に御尽力下さるならば、小生の愉快これにすぐるものありません。